2009年10月15日

赤ちゃんのさかむけ・ささくれの原因は?

らぶじらの息子は先月で1歳になりましたが、生まれてからずーっと気になっていたことがあるんです。
それが、「さかむけささくれ)」。
もう生後一ヶ月くらいの頃には出来ていたんじゃないでしょうか?
私も年中さかむけができているので、「子どもにまで…」と見つけた時はちょっと悲しくなりました。

さかむけの原因には、次のようなものがあるようです。

【さかむけ・ささくれの原因】

・爪の周りの水分・油分が不足している
・指先の血行不良
・深爪をすることで指先が乾燥しやすくなっている
・ビタミン類、特にビタミンC,ビタミンB2類が不足している


生後1ヶ月の息子は当時ほぼミルクで育っていたので、乾燥が主な原因だと思います。9月生まれなので、ちょうど家の中も乾燥していた時期でしたし。
なので冬場はしっかりとベビー用の保湿クリームを塗ってケアをしてあげることで治っていきました。

春・夏とあまり保湿を気にしなくなった頃もさかむけは再発せず安心していたのですが、ちょうど初めて出来たときと同じ季節の今、また息子の指にさかむけが…。
心無い親戚に「親不孝な子なんだよ」とか「ビタミン足りてないんだよ、栄養バランス考えたら?」とか言われて相当凹みましたが、
息子は果物大好きで毎食果物を摂取しているのでやっぱり今回も乾燥が原因だと思います。
なのでまたキチンと保湿の季節の到来のようです。


昔から「さかむけは親不孝のしるし」と言われているのには、こんな二つの説があるそうです。
らぶじらも子ども時代心無い大人から度々そんな言われ方をして傷ついた(笑)

ひとつは「親から授かった体を大切にしなさい」という教えから「自分の体には気を配るべし」という意味だ、という説。
もうひとつは子供は親の仕事を手伝うのが当然だった時代、炊事・洗濯など手作業が多いものでした。
さかむけになると、痛くて仕事どころではなくなってしまう。つまり、さかむけになると親の手伝いができなくなってしまう、という事から「親不孝のしるし」と言われるようになったという説だそう。

1歳の息子が「親不孝な子だ」と言われないように、しっかりケアしてあげようと思っているらぶじらなのでした。
posted by らぶじら at 13:38| Comment(0) | *スキンケア関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。